のんびり散策♪ 小鹿田焼の里

小石原を後にし、向かったのは日田市の小鹿田焼の里

小鹿田焼は江戸時代中期に開窯した日田の民陶で、

機械を一切使わず、すべて手作業にこだわり作られているそうです。

(こちらの皿山地区には14軒の家があり、うち10軒が窯元さんだそうです)




d0319943_14502659.jpg



自然が豊かで水が美しく、どこか懐かしいような景色が広がっています。(国選定重要文化的景観だそうです)

とても静かな中に、“唐臼”と呼ばれる水圧を利用して土を粉砕する器具?の音が響いていて、

なんとも雰囲気があります。




d0319943_14505255.jpg



綺麗に並べられて・・・窯に入れる前でしょうか???




d0319943_14512397.jpg



登り窯




d0319943_14514813.jpg





d0319943_14521846.jpg




小鹿田焼も「飛び鉋」「刷毛目」「櫛描き」等が代表的な技法のようです。




d0319943_14524850.jpg



落ち着いた色目の作品と、趣のある棚のディスプレイがとっても素敵。

こういった雰囲気・・・大好き() 




d0319943_14530919.jpg



最後に立ち寄った窯元さんのところでは、美味しいお抹茶と和菓子を出して下さいました。

あたたかいおもてなし・・・お心遣いがとても嬉しかったです。




d0319943_14533549.jpg





d0319943_14540375.jpg



小鹿田焼の里では、こちらの2点を購入。

土ものって手にした時の、あたたかみがいいですよね(*˘˘*)..:*




d0319943_14542969.jpg



いつかまた訪れたいと思います。




d0319943_14550528.jpg



小石原の記事はこちらです ↓






いつもブログを見に来て下さりありがとうございます。ぽちっと応援していただけると嬉しいです♪


[PR]
by cache2sweets | 2018-05-08 15:00 | お出かけ | Trackback
トラックバックURL : https://cacheplus.exblog.jp/tb/26764451
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ストウブで一汁一菜。牛肉と筍と... 小石原 春の民陶むら祭 2018 >>