ストウブで♪ 蕪の和風しょうがスープ

久しぶりのモニターです♪

今回のお題は「和のスパイスで香り立つ 春の和食レシピ」ということで・・・

ちょうど産直へ野菜の買い出しに行って蕪を買ってきたところだったので、

メインにいく前に・・・まず、蕪の和風スープなんてどうかな~と思って。

寒い日に、とてもあたたまりますよ( *´艸`)クスッ 

粗切り生しょうがを使ったスープ、仕上げにも浮かべて、ぴりっと!アクセントに。



d0319943_08463614.jpg


ストウブで♪ 蕪の和風しょうがスープ


●材料 <4~5人分>

蕪 3~4コ(正味340g)

玉葱 1/2コ

バター(食塩不使用) 20g

塩 適量

和風だし 200cc

牛乳 250cc

ハウス 粗切り生しょうが 小さじ1


~トッピング~

ハウス 粗切り生しょうが 適量


●作り方

1.蕪は皮を剥いて薄切りにし、玉葱も薄切りにする。

2.鍋にバターを入れて火にかけ、蕪、玉葱、塩を加えしんなりするまで炒める。

3.和風だしを加えて蓋をし、さらに煮込む。

4.ブレンダーでなめらかに撹拌し、粗切り生しょうが、牛乳を加え全体が温まったら、塩で味を調える。

5.器に注ぎ、粗切り生しょうがをトッピングしたら出来上がり。



d0319943_08471587.jpg


今回使わせていただいた、ハウス本きざみ粗切りシリーズ「粗切り生しょうが」

ざくざくと粗めに刻んであるので、しゃきしゃき食感と香りが楽しめていいですね~♬

生姜好きさんは持っていると重宝する1瓶かもしれません。


ハウス食品さま、レシピブログさま、ありがとうございました。



d0319943_08475144.jpg


いつも遊びに来ていただきありがとうございます♪ ふたつのバナーをぽちぽちっと押していただけると嬉しいです


「和のスパイスで香り立つ、春の和食レシピ」のモニターに参加中です♪

春の和食料理レシピ
春の和食料理レシピ スパイスレシピ検索
[PR]
# by cache2sweets | 2017-03-15 09:00 | 野菜料理 | Trackback

あまおう苺とマスカルポーネのレアチーズ♪

今年お初の、あ・ま・お・う♥

毎年、苺の季節に作っている、あまおうとマスカルポーネのレアチーズを作りました♪


このレアチーズはクリームチーズを使わずに、

マスカルポーネ、サワークリーム、ヨーグルトを使っているので、わりとさっぱりめかな。

甘味は苺本来の甘みとコンデンスミルクで。

ストウブのセラミックココットを使用しています。



d0319943_07525693.jpg


はい、とろ~ん♥

ソースと一緒に食べると、甘酸っぱくて美味しい~(≧∇≦

裏漉ししているので、とってもなめらかです。



d0319943_07533046.jpg



トッピングはマスカルポーネ、あまおうのピュレ、苺には粉砂糖をふって、ミントを添えて。

美味しかったぁ、また作ろう♪



d0319943_07540679.jpg


いつも遊びに来ていただきありがとうございます♪ ふたつのバナーをぽちぽちっと押していただけると嬉しいです


[PR]
# by cache2sweets | 2017-03-14 08:00 | gateau au fromage | Trackback | Comments(18)

ストウブ ブレイザーで、ちぎりパン~3種類のサンドイッチでブランチ~

ストウブブレイザー24で、全粒粉入りのちぎりパンを焼き、

3種類のサンドイッチを作って、休日ブランチ♪



d0319943_07121143.jpg


全粒粉入りの素朴なパン。焼き上がりはとってもシンプルですが、



d0319943_07100460.jpg


彩り良く・・・

たまごサラダ&ミニトマト&レタス

マッシュポテト&ミニトマト&レタス

ペッパービーフ&紫玉葱

・・・の3種類を作りました。いろんな味が楽しめるよ~♪



d0319943_07105611.jpg


全種類食べたいけど・・・2コまでだな( *´艸`)クスッ



d0319943_07113108.jpg


これは絶対また作りた~~~い!!

美味しかったよ、ごちそうさま。



d0319943_07283641.jpg


いつも遊びに来ていただきありがとうございます♪ ふたつのバナーをぽちぽちっと押していただけると嬉しいです。


[PR]
# by cache2sweets | 2017-03-13 07:40 | ちぎりパン | Trackback | Comments(12)

太宰府さんぽ②

太宰府天満宮を参拝した後は、参道をぶらぶら・・・お買い物タ~イム♪

こちらは、老舗の和菓子屋さん梅園の「うその餅

青紫蘇風味の求肥です。

太宰府天満宮のご神鳥の鷽(うそ)がひとつ入っています。

(これは博多人形の土うそで、1、2月は木うそが入ります)そして川柳も添えられています。



d0319943_19305577.jpg




d0319943_19315089.jpg


歴史を感じられる佇まいがとっても素敵なお店。



d0319943_19323423.jpg


あちこちに鷽モチーフのお土産や・・・



d0319943_19330622.jpg


暖簾などが。



d0319943_19584533.jpg


参道にあるスタバはなかなか個性的。建築家 隅研吾氏により「自然素材による伝統と現代の融合」をコンセプトに設計されたそうです→




d0319943_19591572.jpg


そして少し足を延ばして、宝満宮竈門神社へ。



d0319943_19594840.jpg


こちらはえんむすびの神様です。

“えんむすび”とは、男女の良縁はもとより、良い友、良い師、また良い仕事との出会いなど、

さまざまなめぐりあわせを意味するそうです。



d0319943_20002626.jpg




d0319943_20011306.jpg


竈門神社の展望舞台からの景色はこんな感じ。太宰府の街を一望できます。

さて、九州国立博物館はどこでしょう?



d0319943_20015549.jpg


実は今回の1番の目的は九州国立博物館の「宗像・沖ノ島と大和朝廷」を見るためでした。

(館内写真撮影はNGですので、パンフレットのみ)



d0319943_20023040.jpg


バスで移動中、朱塗りの連なる鳥居が見えたので、初めて天開稲荷社にも行ってみました。

位置的には太宰府天満宮敷地内の奥のさらに奥になります。(順番間違えました 笑)



d0319943_20025986.jpg


急な石段を上ると、ちょっと息が上がってくるのですが・・・

上り詰めると趣のある、天に道が開けるという名にふさわしい場所にたどり着きます。(パワースポットだそうです)



d0319943_20033046.jpg


今回は、太宰府天満宮→宝満宮竈門神社→天開稲荷社・・・と三社お参りすることができ、御朱印を頂きました。

楽しい太宰府さんぽでした。



d0319943_20040058.jpg


いつも遊びに来ていただきありがとうございます♪ ふたつのバナーをぽちぽちっと押していただけると嬉しいです♪


[PR]
# by cache2sweets | 2017-03-12 20:30 | Trackback

太宰府さんぽ①

少し前のことになりますが、太宰府に行ってきました♪

自分のルーツが少しだけ太宰府にあるので、いつ訪れても何度訪れてもやっぱり好きな場所。(お楽しみの梅ヶ枝餅はのちほど 笑)



d0319943_09445173.jpg


まずは太宰府天満宮へ。

御神牛に迎えられ・・・(頭を撫でると知恵が授かるそうです)



d0319943_09454653.jpg


太鼓橋を渡り・・・(池は「心」という漢字に形造られているため「心字池」と呼ばれ、

三つの橋は過去、現在、未来を表しているそうです)



d0319943_09464478.jpg




d0319943_09471976.jpg


楼門をくぐって・・・



d0319943_09481029.jpg


御本殿へ。

太宰府天満宮は菅原道真公が祀られている神社で、学問・至誠・厄除けの神様です。



d0319943_09495032.jpg


梅の花がとても綺麗でした。この日はぽかぽか・・・気持ちが良いお天気。



d0319943_09505474.jpg


いたるところに梅・・・




d0319943_09524846.jpg



そして参道をぶらぶら



d0319943_09533902.jpg


梅ヶ枝餅屋さんが何軒もあります。



d0319943_09540835.jpg


ちょっと茶寮で休憩しましょ♪

綺麗なお庭を眺めながらほっこり(お店の方が「鶯宿梅」とおっしゃっていたような・・・)



d0319943_09551985.jpg


お抹茶と一緒に、梅ヶ枝餅をいただきました。



d0319943_09561002.jpg


参道の猫ちゃん、人気者でした( *´艸`)クスッ



d0319943_09571060.jpg


(続きます)



いつも遊びに来ていただきありがとうございます♪ ふたつのバナーをぽちぽちっと押していただけると嬉しいです♪


[PR]
# by cache2sweets | 2017-03-12 10:30 | Trackback