staubブレイザーで イサキのアクアパッツァ

ご近所の釣り名人さんから頂いたイサキ料理、第2弾です。
漬け丼にしたときのイサキの方が大きくて、staubブレイザー(24cm)には入らなかったので、
少しだけ小さかったこちらをアクアパッツァに♪
でもこれでも無理やり押し込んだ感じでしたけどね(笑)
今回はいいアサリがなかったので、帆立を使いました。
魚介からの旨みたっぷり!・・・シメはリゾットにして楽しみました。


d0319943_2327529.jpg



staubブレイザーで イサキのアクアパッツァ

●材料
イサキ 1尾 (塩・胡椒)
ボイル帆立 140g
大蒜 3片
アンチョビ 2切れ
玉葱 1/2コ
しめじ 1/3袋
ズッキーニ 1本
ミニトマト 5コ
ブラックオリーブ
白ワイン 150cc+水 100cc
ハーブソルト、黒胡椒、ローズマリー
オリーブオイル、レモン

●作り方
1.イサキはうろこと内臓をとってよく洗い、キッチンペーパーでしっかり水気を拭き、塩・胡椒する。
2.にんにくはつぶして、アンチョビは細かく刻み、玉葱、しめじ、ズッキーニは食べやすい大きさにする。
3.鍋にオリーブオイルとにんにく、アンチョビを入れて熱し、香りがたってきたらイサキを入れて両面に焼き色をつける。
4.野菜、白ワインと水、ハーブソルトを加えたら蓋をし魚に火が通るまで煮ていく。(途中スープを回しかけながら)
5.帆立、ブラックオリーブを加えて少し加熱し、最後にオリーブオイルを回しかけ、黒胡椒をふり、
  レモンを添えたらできあがり。



アクアパッツァのあとはパスタにすることが多いのですが、
リゾットも魚介の旨みを吸ったお米一粒一粒がおいしいですね! パルメザンチーズたっぷりで。
こちらもレモンをたっぷり搾って・・・柑橘の風味が加わると爽やかになりますね。


d0319943_23275082.jpg



イサキの身がふっくら、旨みたっぷり♬ といった感じでした。
旨みを吸った野菜も一緒に、たっぷりいただけるからいいですね、大満足~。
釣り名人さん、ごちそうさまでした(*´▽`)♪


d0319943_2334667.jpg







庭にはモミジアオイが咲いていました。人の顔くらいの大きさです(笑)
暑い日にも次から次に咲く元気なお花で、こちらまで元気をもらえそう(*˘︶˘*).。.:*♡ 


d0319943_2346766.jpg



いつも遊びに来ていただき、ありがとうございます♪ よろしければピンク色のバナーを、ぽちっと応援クリックお願いします♪

[PR]
by cache2sweets | 2016-07-21 23:51 | 魚料理 | Trackback
トラックバックURL : http://cacheplus.exblog.jp/tb/23322829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 完熟バナナとブルーベリーのマフィン 桃のジュレとブランマンジェのテリーヌ >>